大阪の海水浴場で人工ビーチが多い理由

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

大阪は海水浴場が多くありません。
遭ったとしてもその多くが人工のビーチなのです。
これは何故なのでしょうか?

大阪は地形的に砂浜になるようなところが少なかったのです。
また海も日本海や太平洋のように広くなっているわけではなく、大阪湾なので海そのものが狭いということがあります。
湾に海水浴場を作るともなると、結構大変です。
適した場所が少ないということも問題でした。

それに大阪の近隣の和歌山や兵庫、少し離れますが京都の日本海側には多くの海水浴場があります。
兵庫県も広い海を持っているわけではありませんが、湾になっているわけではないので、砂浜は自然に出来ました。

しかし大阪の場合には自然の砂浜が極端に少ないのです。
地形の問題から大阪湾に面した砂浜があまりない、ということになってしまうのです。
砂浜がなければ、当然海水浴場には向きません。
そこで人工の砂浜を設け、その上で海水浴場としたのです。

人工の砂浜にすれば、メリットもあります。
それは安全面です。
砂浜の中に大きな岩がある、という海水浴場も少なくはありません。
自然に出来たものなので、取り除くことは難しいですし、注意をしてもらうということで対応をすることになります。

しかし大阪の海水浴場のように人工の砂浜であれば、大きな岩を設置することもなく、安全な砂浜を作ることが出来るようになるのです。
例え裸足で駆け回ったとしても、怪我をするリスクも少なくなるのです。

人工の砂浜であれば、持ち込むことが出来るものに厳しい制限を設けることも可能となります。
瓶類は持ち込まないようにするなど、ゴミの処理についても厳しくすることによって、キレイで安全な砂浜を維持することが出来るようになるのです。

また大阪は人口密度も高く、多くの工場も存在しています。
その影響もあり、海の水があまりキレイではないということもあるようです。
あまりキレイではないと言ってもそんなに気にするほどではないので、神経質にならなくても大丈夫なようです。

水質も人工の砂浜が多い理由でもあるようなのですが、まずは大阪の立地条件が大きく影響をしているのです。
海水浴には適していない地形ということもあるのですが、アクセスのしやすさからこういうところに海水浴場が欲しいということもあり、建設されたという経緯があります。

また、海水浴場だけではなく、バーベキューなどのアウトドアが出来るように整備されているのも大阪の海水浴場の大きなポイントです。

道頓堀プールってどうなったの?

大阪の名所の1つに道頓堀があります。
この道頓堀に巨大なプールを作るという計画がありました。
2015年の夏の開業を目指していたのですが、その後どうなったのでしょうか?

実は資金不足の問題が生じてしまい、その結果この計画を断念せざるをえなくなってしまったのです。
近隣の商店街でも寄付金を募っていたのですが、大規模な計画ということもあり、難航しました。

道頓堀川に防水シートを張り、その上に発泡スチロールの浮き材を設置した上でプールとするというものだったのです、1キロにわたるプールを開業させ、世界的な名所にしようというものでした。
競泳も行うことができ、イベントや大会での利用をすることが出来ればということでもあったのです。
しかしこれも夢と消えてしまいました。
資金面での問題と言うのは大きいですし、具体的なところまで話は進んでいたものの、やはり技術的にも難しいということがあったのです。

川にプールが浮かぶというのはアイディアとしては面白いですし、話題性もあったと思います。
現実問題、難しい点が多くなってしまったということもあるのです。

結局、2016年の8月に規模を縮小する形で開業をするということになったのです。
しかしそれも成功をするのかどうか、怪しいところがあるようです。

確かに道頓堀に大規模なプールが出来れば話題にもなりますし、観光客も増加をするでしょう。
道頓堀のプールにわざわざ遊びに来るという人もいるかもしれません。
色々な楽しみ方もありますし、ユニバーサルスタジオジャパンと合わせて足を運びたいという人も増加もするかもしれません。

道頓堀川は大阪の人にとっては身近に感じるところですし、親近感もある場所です。
プールを作って遊ぶというのは大阪の人によっては夢もあります。

実際に開業をしたのであれば、注目も集めるでしょう。
当初、入場料は大人で最初の1時間1000円を予定していたようです。
以降1時間ごとに500円なので、3時間も利用をすれば、2000円となってしまいます。
やはり高額過ぎるということもあるようです。

開業をすれば近隣の商店街も盛り上がりますし、売上も大幅にアップすることが予想されます。
経済的な効果も期待することが出来たことを考えると、断念をしてしまうとうのはとてももったいないことです。
将来的に形にすることができればいいのかもしれません。
環境に配慮をしたプールでもあるので、注目も集めることでしょう。

大阪のテーマパーク内のプール

大阪にあるテーマパークの中で最も有名なところはユニバーサルスタジオジャパンでしょう。
しかしユニバーサルスタジオジャパンはアトラクションがメインのテーマパークです。
夏にプールが出来るということもありません。

では大阪府内の中でテーマパークの中にプールが出来る、というところはあるのでしょうか?

・枚方市 ひらかたパーク

7月中旬から9月上旬までひらかたパーク内に4つのプールがオープンします。
スライダーも4つあるので、混雑を緩和させてくれます。
色々なプールがあるので、それぞれの楽しみ方を見つけることもできるようになっています。

ひらかたパークは枚方市民にとっては慣れ親しんだテーマパークでもあり、今でも人気があります。
展望を楽しむことが出来るプールがあるのも特徴の1つだということが出来ます。

・河内長野市 関西サイクルスポーツセンター

河内長野市にある自転車のテーマパーク内に夏季限定でオープンをするプールです。
この関西サイクルスポーツセンターのプールの特徴は遊具です。
プールの中で使うことが出来る遊具があり、健康促進にも効果があるのです。
子どもが楽しめる滑り台もありますし、大人も楽しめるプールもあるので、幅広い世代に人気があります。
比較的利用しやすいというメリットもあるプールなのです。

・泉南郡岬町 みさき公園

流れるプールや子供のためのプールがあり、スライダーも5本あります。
最大の魅力はプールで楽しんだあと、そのままイルカショーやアトラクションを楽しむことが出来る、ということです。
一般的にはプールでしか水着の着用は許可されていないところが多いのですが、このみさき公園は水着のまま自由に遊ぶことが出来るのです。
すぐに移動をすることが出来るというメリットもあります。
水着の上に何か羽織って遊ぶことが出来るというのは、他にない特徴だということが出来ます。

夏季限定でテーマパーク内に設けられるプールと言うのは、広々としていますし、季節を感じることが出来るものです。
遊園地で遊んでプールでも遊ぶことが出来るというのは魅力があります。
また家族連れでも遊ぶことが出来るということがあるので、幅広い年代の人が楽しむことが出来るように工夫されているというのも良い点です。

夏休みにテーマパークに足を運んでアトラクションで楽しみ、またプールでも楽しむことが出来れば、1日を有効活用することが出来ます。
大阪にもテーマパーク内のプールがあるので、利用をしてみるのも良いです。

大阪にある屋外のプール

屋内にプールがあれば、天候に左右されなく遊ぶことが出来ます。
また温度の調節も行われているので、体調不良になることも避けることができるようになります。

通年で営業をしていることが多いので、プールを利用したい時に利用をすることが出来ます。
健康促進にも利用をすることができるので、近くにある屋内プールを利用してみるのもいいのではないでしょうか?
大阪にも屋内プールはいくつかあります。

・東大阪市 東大阪アリーナ屋内プール

この東大阪アリーナ屋内プールの特徴は繁忙期である夏季、他のシーズンよりも利用料が安くなるという点にあります。
普段は大人800円なのに対し、7,8月は500円と300円も安くなります。
50mプールのみなので、大会に使用されることが多いのですが、大会がないときには個人でも利用をすることが出来ます。
競泳に力を入れたいという場合には利用をしてみると良いですし、観覧席があるので付き添いの場合には観覧席でのんびりすることも出来ます。
天井も高いので解放感もあります。

・門真市 なみはやドーム

50mが10コースある、基本的に競泳用のプールです。
夜間でも利用をすることが出来るサブプールもあるので仕事帰りに泳ぐことも可能です。
可動式の屋根を導入しているので、夏季は屋根を開き、屋外プールのようにして使うことが出来るので、解放感があります。

一般開放をする日が決められているので、利用をしたいと思っているのであれば、事前にウェブサイトなどでチェックをしておくと良いです。

・大阪市鶴見区 鶴見緑地プール

公営のプールではありますが、流れるプールもあるのレジャー施設のような感じになっています。
21:00まで営業をしているので、仕事帰りに、ということも可能です。
基本的には屋内なのですが、夏季には室外プールもオープンします。
地下鉄からのアクセスも良いので、便利なところにあるのも魅力の1つとなっています。

屋内プールであれば、基本的には通年で営業をしています。
ですからいつでも気軽に利用をすることが出来るというのがいいですね。
冬であっても運動不足を解消させることができますし、仕事帰りに利用をすることが出来るところが多いのも特徴的です。
利用料金は多少高いところもありますが、それでもスポーツジムの会員になるよりは安いですし、その都度支払っていけばいいので、無駄も省くことができるようになります。
子どもから大人まで楽しむことが出来るのもいいですね。

大阪府内にある市民プール

大阪府内にもたくさんのプールがあり、夏の間楽しむことができるようになっています。
市民プールであれば、リーズナブルな価格で利用をすることができますし、健康維持にも役立てることが出来るようになります。
近くの市民プールに通ってみるのもいいかもしれませんね。
特に屋内のプールであれば、冬は温水プールとして楽しむことが出来るようになるので、365日健康のために利用をすることも出来るかもしれません。

・大阪市東淀川区 東淀川屋内プール

大阪市営の温水プールで月曜日が休業日ですが、月曜日が祝日の場合には翌日の平日が休業日になります。
1年を通じて利用をすることが出来るようになっているので、人気もあります。
更にトレーニングルームもあるので健康維持のために水泳とトレーニングを組み合わせることも可能となっています。

・茨木市 茨木市立西河原市民プール

屋内プールと夏季限定屋外プールがあり、屋内プールは通年利用をすることが出来ます。
ベビーベッドもあるので、ベビースイミングにも利用をすることが出来るようになっているので、便利です。
赤ちゃんとともにプールで遊びたいと思っている人にとっては最適なプールと言うことが出来るでしょう。

・茨木市 茨木市立中条市民プール

水泳大会などにも利用されることがある市民プールです。
50mのコースがなんと9本もあるので、大会にはピッタリのプールだということが出来ます。
大人250円、65歳以上と中学生以下であれば120円で利用をすることが出来るようになっているのも大きなポイントです。
このリーズナブルな価格は市民プールならではだと言えます。
屋外プールなので、夏季のみの営業になっていますが、夏季無休なのも利用しやすさだと思います。

・茨木市 茨木市立五十鈴市民プール

25mのコースが7本あります。
本格的に泳ぎたいと思っている人から気軽に遊びたいという人まで幅広く利用をすることが出来ます。
初心者から中級者向けのプールとして人気が高いです。
水遊びのための幼児用プールがあるのも特徴です。

大阪府内には海水浴場が少ないということもあり、プールが多いということもあるようです。
特に茨木市には市民プールがいくつもあるので、茨木市民じゃなくても遊びに行きたいと思うことも多いようです。
リーズナブルな価格で利用をすることが出来るというのも大きなポイントですし、基本的に健康のために建設されているということもあるようなのです。

大阪でバーベキューもできる海水浴場

せっかく海に行くのですから、アウトドアを思いっきり楽しみたいものです。
海水浴だけではなく、バーベキューも出来れば楽しさも倍増します。
大阪府内にはバーベキューも楽しむことが出来る海水浴場がいくつかありますので、そのようなところを利用してみるのもいいかもしれません。

・泉佐野市 マーブルビーチ

ここは海水浴は禁止されているビーチです。
しかし水の中に入って遊ぶことは出来ます。
足を付けて遊ぶという程度なので、子どもでも安心をして遊ぶことが出来るでしょう。

バーベキューは指定された場所で行うことが出来ます。
遊歩道も整備されていますし、トイレもあります。
バーベキューなどのアウトドアの際に問題になってくるのがトイレではないでしょうか?
やはりトイレがあまりキレイではないと使いたいと思いませんし、困ってしまいます。
このマーブルビーチはそのようなこともないので、子どもでも女性でも利用をすることができます。

食材や道具などを持ち込んでバーベキューを楽しむことが出来るようになっているのもポイントです。
自分たちで自由に楽しみたいと思っているのであれば、利用しやすいのではないでしょうか?
無料で利用をすることが出来るというのも大きなポイントになっています。

・泉南郡岬町 淡輪ときめきビーチ

花火とマリンスポーツは禁止されていますが、海水浴は楽しめますし、もちろんバーベキューも楽しむことが出来ます。
マリンスポーツが禁止されているということで海水浴も安全に利用することができるようになっています。

バーベキューに関しても専用のスペースがあるので、周りに迷惑をかけることもなく、利用をすることが出来るようになっています。
人工の砂浜なので安全ですし、岩などが邪魔をして怪我をするということもありません。

せっかくですから色々海で遊びたいですよね。
駐車場を完備していれば、バーベキューの材料や道具類も持ち込みやすくなるので、便利です。
夏らしいイベントとして行ってみるのも良いですし、楽しめるのではないでしょうか?

バーベキューをする際には、飽きてしまった子どもの対応もしっかり行わなければいけません。
目を離した隙に海に入ってしまって、分からなくなってしまったということがないようにしなければいけません。
バーベキューをするのか海水浴をするのかというメリハリをつけることも大事ですし、安全のためには欠かすことができないのです。
ずっと一緒にいることが出来る子どもであれば安心かもしれません。

大阪で穴場な海水浴場

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

どこの海水浴場もそのシーズンになれば混雑が予想されます。
出来るだけ空いている海水浴場でのんびりしたいものですね。
大阪府内にも穴場の海水浴場はいくつかあります。

・阪南市 箱作海水浴場 
ぴちぴちビーチの愛称で親しまれている海水浴場です。
実はこの海水浴場は人工の砂浜なのです。
砂浜の長さは455m、奥行きは145mなので、けして広いとは言えないのですが、人工のビーチだからこそ安全ということもあると思います。
無料で利用をすることが出来るバーベキュースペースがあるのも嬉しいですね。
海水浴とバーベキューを同時に楽しむことが出来るようになっているので、夏のレジャーには最適です。

・岬町 淡輪海水浴場
この海水浴場も人工の砂浜です。
だからこそ、安全。
安全なので小さいお子さんも連れていくことができるようになっています。
大阪の最南端にあるということでも注目をされているのですが、箱作海水浴場同様に人工の砂浜じゃないほうがいいという人にとってはあまり足を運びたいと思えないようです。
主に家族連れに人気がある海水浴場で、カップルはあまり遊びに来ないということから、穴場的な海水浴場と言うことが出来ます。

大阪府内には他のエリアほどの海水浴場がありません。
日本海に面している京都や太平洋に面している和歌山とは異なり、人工的な海水浴場が多いということも大きな特徴の1つなのです。
人工ということは自然の風情を感じることがあまりできないのではないか、ということがあるかもしれませんが、それでも安全という面ではメリットがあるのです。
出来るだけ安全な海で遊ばせたいと思っているのであれば、家族連れには最適なのです。

それでもアクセスしやすいところに海水浴場があるので、海水浴客が分散をするというメリットもあります。
色々なところがあるからこそ、選ぶことが出来るようにもなるのです。
大阪以外であれば、関西エリアには多くの海水浴場があるので、色々なところに足を運んだり、大阪府外の関西エリアで空いている海水浴場を探すのもいいかもしれません。
情報はウェブサイトを参考にすると分かりやすいです。
海水浴シーズンになると、様々な場所の海水浴場の情報を掲載しているウェブサイトもあるので、チェックをしてみると良いです。

スマホからでも海水浴情報を確認することが出来るサイトもあるので、その場ですぐに情報を入手することが出来るようになっていれば、便利ですし、利用しやすいです。

二色の浜海水浴場

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

大阪といえば、入り組んだ土地なので、海水浴の印象があまりないかもしれません。
しかしキレイな海水浴場はいくつもあります。

中でも貝塚市の二色の浜海水浴場は夕日がとても美しいスポットとして人気が高いです。
家族連れだけではなく、デートスポットとしても人気が高いです。
更に日本の白砂青松100選にも選ばれたこともあるので、その砂浜の美しさには定評があります。
岩もないので、走って怪我をするリスクも低いというメリットもあります。
子どもが走り回っても安全な砂浜なので、家族連れにも大変人気があるのです。

大阪市内からのアクセスもよく、貝塚市外からも多くの海水浴客で賑わいます。
海水浴の他に潮干狩りや地引網を楽しむことも出来るということがあり、海水浴シーズン以外でも楽しむことができるようになっているのです。

時間帯によっては浅瀬が多くなるので小さいお子さんでも安心をして遊部ことが出来ます。
大阪府には海水浴場があまりないというイメージがあるかもしれませんが、けしてそのようなことはありません。
確かにキレイな海水浴場と言えば、兵庫県の須磨海水浴場や京都府の天橋立海水浴場、和歌山県の白浜が有名ですし、大阪からでもアクセスはしやすいです。
より美しい海がみたいと思っているのであれば、それらの海水浴場まで足を運ぶのも良いでしょう。
観光のつもりで行ってみるのもいいかもしれません。

より近場が良いのであれば、二色の浜海水浴場で十分です。
近くて安全と言うのは基本中の基本ですし、とても大事なことになってくるのです。
海水浴以外のイベントなどで足を運ぶ機会もあると思います。
どういうところなのかということもチェックした上で利用をしてみると良いでしょう。

砂浜がキレイというのは利用をしていても気分が良いものです。
色々な楽しみ方があるからこそ、飽きずに遊ぶことが出来ます。

二色の浜海水浴場は電車の他に車でもアクセスしやすいですし、専用の駐車場も完備されているので、小さい子どもがいる場合には利用しやすいでしょう。
公共交通機関を利用するともなると、子どもが愚図ってしまったり、うるさくないように配慮をしなければいけないという問題が出てきてしまいます。
駐車場がある海水浴場であれば、安心できますし、より利用もしやすくなってくるのです。
二色の浜海水浴場は数年前までジェットバイクとの接触事故があるなどの危険もあったのですが、最近では改善されています。

水遊びをする際に注意をすること

これから暑くなってくると、海やプールで水遊びをする機会も増えてくるでしょう。
しかし水遊びには危険も伴っているので、十分に注意をしなければいけません。
毎年どこかで必ず水の事故のニュースが流れているので、もしもの時のことを考えたり、事故に巻き込まれないように注意をしておく必要があるのです。
特に子どもがいる場合には目を離さないようにしなければいけませんし、危ないところには行かせないようにするなど気を付けなければいけないことはたくさんあります。

海の場合、遊泳禁止のところには足を運ばないということは大前提です。
遊泳禁止のエリアには何からの危険が潜んでいる可能性があるのです。
安全が確保されていません。
また岩場から飛び込むということも危険なので避けたほうが良いです。
海底にはどういうものが潜んでいるのか分かりませんし、足場も悪い可能性があります。
あらゆる可能性を考えて、危険を回避しなければいけません。

数年前までは考えることが出来なかった、海水浴場へのサメの侵入ですが、最近では環境の変化も生じてきているので、海水浴場にサメが侵入をしてくることもあります。
サメ除けネットを張り巡らせていても、絶対に侵入をして来ないという保障はありません。
サメが侵入をしてきた場合にはすぐに逃げなければいけないのです。
常に周りの安全を確認しておくことが大事になってくるのです。

プールの場合、海よりは安全かもしれませんが、排水口の近くであったり、波のプールでも波を発生させる装置の近くなどへの接近は危険です。
排水口も突然外れてしまうこともあるのです。
そのような事故が起きないように注意されていても、何かの拍子で事故は起きてしまうものなのです。
避けるためには極力接近をしないということが大事なのです。

転倒をしたり、無理な飛び込みをしたり、様々な危険があります。
他にも貴重品の管理なども注意をしなければいけません。

海でもプールでも突然足が攣ってしまうなどの体調の変化が生じることもあります。
その際に迅速に対応をすることが出来るようにしておかなければいけませんし、もしもの時にはどのようにしたら良いのかと言うことも知っておくと助かります。

危険を回避するためには、危険な場所にはできるだけ近づかないことが大事なのです。
子どもの場合には常に大人がついて行動をし、危険な場所を避けるように心がける必要があります。
子どもは監視をしなければいけないのでかなり大変です。

大阪のスパワールドで遊ぼう

天候に左右されずに1日遊ぶことが出来る施設はたくさんあります。
大阪の場合、代表的な場所はスパワールドではないでしょうか?
子ども専用のKIDDY PARKもあり、家族で楽しむことが出来ます。
フードコートやレストランも多数揃っているので、食事を楽しむためだけに足を運ぶということも可能です。

また女性に人気があるエステや整体も多くの人が実際に利用をしています。
キレイになるためのサービスも充実しているのです。
その種類、店舗の数も多いので、自分に合うエステや整体、マッサージを探すことも可能となっています。

温泉、岩盤浴、プールもあり1日いても遊び足りないくらいです。
ホテルもあるので、ホテルに宿泊をして楽しむということも可能です。

温泉をメインにした施設ではあるのですが、付属の施設が充実をしているということもあり、幅広い世代に人気があります。
人気が出すぎて、入場制限を設けることもあるのです。

現在では大人1200円で入場をすることが出来ます。
以前は1000円キャンペーンを頻繁に行っていたのですが、最近ではこのキャンペーンを行うことはなくなってきています。
最近のスーパー銭湯はアトラクションのようになっていることが多いのですが、スパワールドもアトラクション的な要素はとても多いです。

プールは年中無休。
土日祝日、祝日前には22:00までオープンをしているので、ホテルに宿泊をしているのであれば、遅くまで楽しむことが出来ます。
ストレス発散にも役立つということもあり、仕事帰りに利用をするということも可能なのです。
水着などもレンタルすることが出来るので、気軽にアクセスをすることが出来るというメリットもあります。

しかもプール利用料は入館料に含まれているので、プールを利用する際に別途料金がかかるようなこともありません。
一般的なプールと比較してもアトラクションがあることを考えれば、そんなに高額ではないのです。
屋内プールでスライダーを楽しむことが出来る施設というのはそんなに多くはないので貴重です。
プールが屋外にある場合、天候に左右されることも多く、365日利用をすることは困難です。
冬であってもプールを楽しみたいと思っている人には利用しやすいでしょう。
電車でのアクセスもよいということもあるので、気軽に足を運べるという特徴もあり、多くの人が利用をしています。
大阪の人気のスポットでもあり、最近では海外からも訪れる人が増加をしています。